More from: ガーデニングエッセイ

ガーデニングエッセイ 第11話 私たちはどんな花に親しんで来たか。その4

以前、長崎出島博物館で見た渡来植物の展示です。植物の展示物は、展示のために作られた標本ですが、とても判り易く展示しています。鎖国していた江戸時代、唯一外国に開かれていた出島に、オランダ船は毎年2隻(1隻600トン)の入港 […]


ガーデニングエッセイ第10話、私たちはどんな花に親しんで来たか。その3

TVで元号が平成から令和に変わる様子を見ていました。前回のエッセイで古代の草木染について触れましたが、平成最後の日、上皇陛下が退位礼正殿の儀において、延喜式で定められた禁色である「黄櫨色(はぜ)」の袍を着用されておられま […]


ガーデニングエッセイ 第9話 私たちはどのような花に親しんで来たか。その2

「私たちはどのような花に親しんで来たか?」を確認するために、古典に登場する植物を調べて見ましたが、今回はその2回目です。 万葉集の植物と同じく、今回も引き続き植物文化史研究の第1人者松田修著の「花ごよみ図譜・古今・新古今 […]


ガーデニングエッセイ 第8話 私たちはどのような花に親しんで来たか。その1

前回、新元号令和の元になった梅や、桃など渡来の花や、万葉時代の草花について触れました。現在私たちが栽培している花が、何時の時代に渡来し栽培されて来たか、草花を中心に何回かに分けてその概略に触れたいと考えています。 我が国 […]







ガーデニングエッセイ、第2話住宅の変化がガーデニング文化の兆しを生んだ。

近年、新聞やTVなどで、盛んに平成の時代を振り返る特集を行っています。平成の時代が始まって今年で30年経ちましたが、改めて平成が始まった年を西暦に置き換えて見ると、平成元年は西暦1989年に当たることが判ります。ビジネス […]